2013年

7月

31日

【34】もうしばらく辛抱。

 

エンジン周辺の下工作を毎日1パーツ、ってペースで進めてます・・・。

上の写真はリヤサスのスプリングのモールドを落として、本当のバネに置き換える細工の様子です。実車写真を見てホースやらコードやらの追加を

 

中心にやってますが、1つ1つの作業はそれなりに楽しいものの、早く塗装して組み上がった姿を見たい欲求もそろそろMAXです。

 

 

 

← これ 

  

      をどれだけ

 

               これ→

           の印象に近づける

           コトができるか?


 

早く完成したい短気を抑えて、やれるだけがんばろうと思ってます。再現する部分と無視する部分の取捨選択がキモですね!

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    N`s (日曜日, 11 8月 2013 17:13)

    お久しぶりでーす!

    随分間が空いてしまいましたが・・・ お盆休みでようやく少し体の方もリセット出来そうです。

    遂に787B最大の見せ場の部分ですね~ ロータリーE/GですとレシプロE/Gとでは構造が全然違うので腕の見せ所です!頑張って下さい。

    記事内の レンコンの部品ですが可変吸気機構のワイヤーが引っ掛かる部品では? って気がしますが・・・ 一応、タミヤウェザリングマスターで塗った部分が上下に伸縮したと思いましたが・・・  違ってたらマズイのでこの辺で失礼っ! 

  • #2

    模型転倒虫 (月曜日, 12 8月 2013 18:10)


    こんにちは、コメント&ご教示ありがとうございます。

    レンコンとか言ってたらダメですねぇ(^^;) 
    メカについての知識がなくて一番アカンのは、コード類のつながりの矛盾ですよね。

    実車の写真を見て、パーツの形はマネできますが、そこから伸びるホースやコードがどこに
    つながるかは、写真では不分明なコトもよくあります。で、いいかげんに「この辺につないじゃえ」って
    やると、あり得ない仕組みができてしまうという・・・。

    見せ所になるほどの腕はありませんから、自分のこだわり心を満足させるつもりで楽しんでみますね!