文中の緑色の文字は、「愛用道具紹介」に、画像&紹介記事があります。〈 〉は記事NO.

プリンス スカイライン 日本GP製作記 ③メッキ調塗装。

今月末(2024/1月)頃に完成の計画でしたけど、あっという間に時間が過ぎて、ほぼあきらめてます。(今日は1月12日)

 

近々5連休ぐらいの休みがあるなら別ですけど(まだ正月休みモードに未練たらたら ^^; )。。。

 

あまりグズグズと引き延ばす気はないけど、まあ、あんまり無理せずに行こうと思います。

 

とりあえずは内装を完成させないと落ち着かない

 

ので、他に気を散らさずに進めます。

 

キットのコラム部品は市販車仕様のコレですが、

 

実車はサーキット仕様らしくステアリングシャフト

 

むき出しです。

 

 

 

 

 

なので、ここを削ってシャフトの通り道を

 

作ります。

 

 

 

 

 

 

 

ルーターで削ってから棒ヤスリや丸めた

 

フィニッシングペーパーで整えます。

 

 

 

 

 

旧車の定番、スリットの空いた3本スポーク

 

のステアリングですが、プラモの部品では

 

抜けてないのがお約束。。。

 

 

 

 

 

穴を開ける前にスポークを薄くします。

 

右の厚さを左ぐらいまで。

 

金属の薄板としてはこれでもまだまだ厚いん

 

ですが、調子に乗るとペナペナになって

 

強度が保てないので(経験済み)、

 

この辺りでガマン。

 

 

 

 

 

開口の手がかりにする穴を開けたら、

 

その穴をつなぐ要領で、よく切れるナイフ

 

で少しずつ凹モールドの部分を切り取って

 

いきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャフトやステアリング周辺の機構に

 

使えそうなジャンクパーツを発掘して、

 

 

 

 

 

いろいろチマチマします。

 

 

 

 

 

スポーク抜けました。

 

ボスの円盤、プラ板から切り出しました。

 

ウィンカーとワイパーのレバー自作。

 

シャフトにあれこれくっつけてそれらしく。

 

 

 

 

 

パーキングブレーキはステッキタイプなので

 

これまた自作です。

 

真鍮線は0.8ミリ径のもの。

 

 

 

 

 

それぞれグレーサフと白サフ吹いて

 

仮り組み。

 

そこそこの雰囲気にはなったと思います。

 

パーキングブレーキの握りが大きすぎるので

 

このあと二回りほど小さく削りました。

 

 

 

 

 

コラムの辺りはこんな感じ。

 

市販車のカバーを外した感じに

 

見えますかね?

 

 

 

 

 

ステアリングホイールはサフで見えてきた

 

アラを直して、グロスの黒を吹いて、

 

クリアコートして、ホイールを隠します。

 

これでメッキ塗装の準備完了。

 

 

 

 

 

同じくメッキ仕上げになる部品を作ります。

 

爪楊枝の径の半分ぐらいの小さい細工です。

 

目も指も疲れる。。。

 

このプラ板の半円形の切り欠きのところに

 

 

 

 

 

丸いプラパーツを接着して、中央にリベット。

 

ウィンドウレギュレーターです。

 

4ドアなので4つ作り始めたんですが、

 

改めて実車資料を見たら、リアドアの

 

内張りには付いてないように思えるので、

 

2個だけ作ります。

 

 

 

 

 

同じ要領でインナードアハンドルも2つ。

 

サフ → クリアコート、で下地完了。

 

 

 

 

 

ブログ【602】にも同じこと書きましたが、

 

タクミが手に入らなくなってから、

 

メッキ塗料はガイアのプレミアムミラー

 

クロームを愛用しています。

 

 

 

 

 

が、今回はこれを試してみます。

 

下地が少々ラフでも大丈夫、

 

遠吹き、フワ吹き、気にせずに、

 

乾燥後はマスキングOK、

 

クリアコートしても曇りが少ない。

 

という謳い文句の塗料です。

 

プレミアムミラークロームも同種の性能と

 

思いますが、どちらが使い勝手がいいかな。

 

 

 

 

綺麗な金属光沢になりました。

 

謳い文句通り、吹き方にそれほど

 

神経使わなくても綺麗な塗面に

 

なりますねぇ。

 

経時で曇らなければ文句なしです。

 

今後もガイアと光り具合を比べながら

 

使っていこうと思います。

 

 

 

 

 

メーターパネルのユズ肌を磨いて、

 

 

 

 

 

これぐらい。

 

ボディ表面だったらまだまだここから、

 

っていうぐらいですけど、この部分なら

 

これで充分と思います。

 

あんまりこだわると周囲のセミグロスが

 

光っちゃったり、デカールが欠けたりって

 

トラブルになりそうだし。。。

 

 

 

 

 

ステアリングとパーキングブレーキの

 

2本のシャフトを塗装。

 

ジュラルミンフィニッシュの細切り

 

をあしらったりしてみました。

 

 

 

 

 

B・Cペダルはダッシュボードの部品から

 

切り取ったものを使用。脚を半分以下の

 

細さに削ってます。

 

Aペダルは形状が違うので、ジャンクを

 

使います。オルガン式なので、床に自立

 

するよう裏にプラ板付けました。

 

 

 

 

 

内張りも完成。

 

ドアグリップは切り取ったモールドを

 

「握れる」ように整形しました。

 

 

 

 

 

 

ダッシュボード&2本のシャフトも接着。

 

形になってきました(^-^)

 

 

 

 

 

ホイールは茶色の革巻きなので、

 

エナメル筆塗りで塗装します。

 

ボスの円盤はオフ白。

 

 

 

 

 

メーターパネルにスポークが写り込む角度

 

で撮影。後付けタコともども、「ガラス」感

 

OKです♪

 

 

 

 

 

シフトノブの前に極小のシフトパターンの

 

パネルが付きます。

 

ジャンクのエッチングからスリットの入った

 

小さい四角を探してきました。

 

シフトパターンじゃないワケですが、

 

なんとなく「線の入った四角いパネル」に

 

見えればよし、と割り切ります。

 

作れる気がしないんだもん。。。

 

 

 

完成後に、スカスカのダッシュボード下や、

 

バルクヘッドの軽め穴の向こうが変に透けて

 

見えないように、黒く塗ったプラ板を

 

箱組みしたモノで裏から目隠ししときます。

 

 

 

 

 

 

というワケで、ほとんど自作パーツに置き換わっちゃった内装がやっと完成です。ボディ&外装小物を進めます。

 

さて、糊汚しがイヤで、マークセッターを

 

使わなかったデカールが鬼門になっちゃいました。

       

クリアを吹いたら凹部分でブヨブヨと

 

浮きまくり。。。

 

 

 

 

 

浮いてきた所をぐいぐい、ってしたり、

 

なんとかならないか足掻いてみたものの

  

やっぱり気に入りません。

 

 

 

 

 

「GTⅡ」欲しさにパーツ請求したデカールが

 

あるので、思い切って貼り直すコトに

 

しました。

 

浮きのひどいゼッケン1枚とGTⅡ1枚を

 

剥がして、白と青の境い目を再塗装して

 

シャキッとさせます。

 

 

 

 

 

アルミ線の上の白ももう一度塗り直し。

 

なんたる不毛な工程。。。

 

 

 

 

 

で、アルミ線に乗ったクリアをこそげてたら

 

こんな失敗をして、またリカバリー。。。

 

 

 

 

 

これで泥沼の修正ループはおしまい。

 

クリアをたっぷり2度吹きしたので、乾燥後に

 

中研ぎ → 仕上げクリア です。

 

 

 

 

 

タイヤはセンターのバリもありますが、

 

それよりもサイドにエッジみたいにバリが

 

立っちゃってるので、320番でゴシゴシします。

 

 

 

 

 

自然なトレッド面になりました。

 

シャーシ裏は、な~んにもしません。

 

いつものコトですけど。。。

 

 

 

 

 

215/50/15、ってのがあんまりですが、

 

このまま。テッチンホイールは半ツヤ感が

 

とてもいい案配なので、無塗装です。

 

こんな所を無塗装って初めてですけど、

 

キズも荒れもないし、色もツヤもちょうど

 

いい感じなんですよねぇ。

 

 

 

 

 

製作中にこんな3Dパーツが発売されたので

 

購入しました。ウクライナのメーカーです。

 

今回はエアーバルブはモールドされてるので

 

不使用。ドアのキーシリンダーを使います。

 

 

 

 

 

緻密なキーホールのミゾが切られてます。

 

メッキ塗装前にスミ入れ。

 

このアト、メッキ塗装したら、いい感じに

 

スミが残ってくれました。

 

 

 

 

 

キーシリンダーも含めて、小物のメッキ塗装を

 

一気に。

 

ウレヒーロー、綺麗な金属光沢出ます。

 

 

 

 

 

ほとんどの場合、メッキパーツは落として再塗装

 

しますが、ここはスミ入れするため、パーツの

 

ままのメッキが露出する面積が小さくなります。

 

荒れ・キズ・バリもないので、メッキをそのまま

 

生かしました。

 

 

 

 

 

極小の反射板。エナメルのクリアレッドを

 

垂らしただけ。

 

 

 

 

 

サイドの「Skyline」、リヤの「PRINCE」は

 

あきらめますが、これらのエンブレムは輪郭が

 

単純なので厚みを再現します。

 

0.3ミリのプラ板を研磨して(推定)0.2ミリに

 

した上に貼ります。

 

で、クリア → 切り出し → 断面にシルバー

 

の手順です。それぞれ予備で1個ずつ余分に。

 

 

 

 

小物の最後はナンバープレート。

 

ひんまがったディーラーナンバーです。

 

 

 

 

 

曲げたいので、アクスティオンのアルミ

 

のプレートを使います。

 

表側のフチは凸になってるので、

 

 

 

 

 

 

 

裏を使いましょ。

 

せっかく穴が開いてるので、リベットで

 

接着します。

 

 

 

 

 

買いたての白色ラベルシートにプリントした

 

モノを貼ります。

 

先に曲げとけば整形はラクですが、シートを

 

貼るのが難しいので先に貼ります。

 

で、リベット刺して裏から瞬着で接着。

 

 

 

 

 

最後にグニグニと曲げます。

 

曲げ過程で、フチの赤がはげたのを

 

タッチアップ。で、純白過ぎて不自然に

 

感じたので、ウェザリングマスター〈7〉

 

「オイル」を少しなすりつけて。薄汚れた

 

雰囲気にしました。

 

 

 

 

 

残すはボディの磨き仕上げと窓枠塗装。早く完成の快感に浸りたいですねぇ。。。追記します。

 

 

 

                                        まだです。