文中の緑色の文字は、「愛用道具紹介」に、画像&紹介記事があります。〈 〉は記事NO.

プリンス R380 製作記 ④早く塗りたい。

 

前回サフを吹いたボディですが、まだフィッティングやパーツの自作などやるコト残ってます。

 

毎度のパターンですが、地道な作業ばかりでイヤになってきたので気分転換でピンクにしたんです。

 

トップページのサムネイルに変化を付けたかった、って動機もあり (^^;)

 

早く赤を塗りたいですが、その前にやらなくちゃいけない所を済ませましょう。

 

 

フロントのウィンカーの実車画像です。

 

ボディパネルに面一の縦溝のレンズですね。

 

 

キットのパーツはエッチングの「板」。。。

 

クリアパーツですらない!

 

作らなきゃ仕方ない。。。

 

 

ジャンクから縦溝のパーツを探して小さくカット。

 

 

愛用の GSR のニッパー〈3〉はよく切れるので、こんな風に

 

使ってもクリアパーツにヒビを入れる心配は少ないです。

 

 

でも、買ったばかりの頃の切れ味はなくなってきたので、

 

そろそろ新しいのの購入も考え始めてます。

 

よく切れるニッパー、高価なんですよねぇ。。。

 

 

使うのは左下の部分。

 

これを少しずつ削りながら、ボディのモールドぴったりに

 

合わせていきます。

 

 

 

ほぼ長方形で、単純な形状なので

 

それほど苦戦しませんでした。

 

 

フロントカウルの固定バックルもエッチングが

 

入ってます。

 

形はこんなモンでいいと思いますが、

 

 

こんなにボディ面から沈み込んでしまいます。

 

 

実車ではほぼ面一なので、

 

エッチングにゲタを履かせるコトにします。

 

 

0.3ミリのアルミ線を

 

横方向に1本、縦長に1本、瞬着で貼り付けました。

 

 

横棒は「ゲタ」の役割と同時に実車にある「軸」

 

の表現を兼ねてます。

 

 

沈み込み解消。

 

 

 

 

リヤの様子見を。

 

スリットの奥は黒く塗るので、ほんの

 

ちょこっとホースやらなんやら追加するだけ

 

にします。

 

 

マフラーはこの先に金属のパイプを

 

刺すようになってますが、これでいいの?

 

あんまりよくないみたい。。。

 

 

6本のエキパイがリヤタイヤの辺りで

 

2本に集約されて、その2本がテールエンドまで

 

伸びてる構造ですね。

 

 

最後の所でその2本がステーで固定されてます。

 

 

プラ板でステーを作ります。

 

 

こんな風にして、

 

 

外径2.5ミリの真鍮パイプ2本を固定します。

 

いつも車体を展示ベースに固定する時に使ってる

 

パイプです。

 

 

すぐ奥が行き止まりだし、

 

実車の通り、って言えるようなモノじゃ

 

ないですけど、

 

 

 

太さも含めて、キットのままのこの状態

 

よりは見栄えよくなったんじゃない

 

でしょうか?

 

 

今日はここまで。

 

あとはワイパー、フェンダーミラー、ナンバー灯ぐらいでしょうか? やってるウチに他にも見つけるかもしれませんが。。。

 

塗装できるまでもう一がんばり。進み次第追記します。

                        まだです。            まだです。