文中の緑色の文字は、「愛用道具紹介」に、画像&紹介記事があります。〈 〉は記事NO.

プリンス R380 製作記 ①おそるおそる下拵え。

 

製作記の25台目は初めてのレジンキットです。去年の6月に購入後、半年ちょっとで作り出すなんて、私としては

 

異例の早さ。前作のBBなんて、買ってから作り始めるまでに11年経ってます (^^;)

 

ずっと作りたいと思ってた車なので、キット化されて即購入→即製作、ってワケですね。

 

50台近く作ってるプラモでさえ、いつもパテや塗料の使い方を手探りしてる身としては、素材違いのレジンの

 

キットは心配だらけなんですが、同時に初体験のワクワク感も (^_^)  「おじさん向け」って箱にわざわざ

 

書いてあります、、、おじさん頑張って作りますよ!

 

カラーの組説も含めて、

 

パーツは、こんな風に

 

丁寧にパッケージング

 

されて箱に入ってます。

 

 

この時点で既に、

 

おじさんゴコロをくすぐり

 

ますねぇ♪

 

 

肝心カナメのボディは、

 

歪みやカケ、ヒケもなく、

 

それどころか、モールドが

 

シャープで素性良さそう、

 

って感じます。

 

 

この肉厚感&重量感。

 

 

普段プラモを作る時、

 

フェンダーの厚みを気にして

 

薄く削るコトが多いですが、

 

厚みどころの騒ぎじゃない

 

ですな。。。

 

 

かと思えば、ここはめちゃくちゃ薄くてシャープな造型。

 

落とすまでもなく、何かにコツンって当てたら、即破損しそう。

 

最後までここを壊さずに行けるでしょうか。。。

 

 

ボディのモールドを誉めたばかり

 

ですが、こういう所のモールドは

 

やはり緻密さ不足ですね。

 

 

ここは少しリアルになるように

 

手を加えたいです。

 

 

で、どのパーツも、見えない所の乱れはなかなかです。

 

部品の数はプラモとは比較にならないほど少ないですが、

 

こういう手直しをコツコツやる必要がある分、手間がかかるモン

 

なんでしょうね。

 

組説にこんなコトが書いてあるのも、

 

緊張感を高めてくれますねぇ。

 

 

ほとんどのパーツをサンディングすると

 

思いますが、整形・修正の作業を終えたら、

 

丁寧に洗うコトにしましょう。

 

インテリアもガラスも入れて

 

ませんが、とりあえず全体の

 

姿を観察。

 

 

うーん、かっこいい!

 

いかにもレース専用車って感じ

 

と、いかにも旧いデザインって

 

感じとが同居してて、

 

タマランです (^_^)

 

後ろ姿もクラシカルな雰囲気を

 

纏っていてヤル気アップさせて

 

くれますねぇ。

 

 

 

それにしても、

 

マスキングテープが全然

 

くっつかない! なるほど、

 

洗浄&プライマー塗布は

 

とても重要そうですなぁ。

 

リヤタイヤの位置が後に偏っちゃってますが、

 

シャーシに金属シャフトを通して、その両端にタイヤを刺すだけの超単純構造なので、修正は簡単です。嬉し。

 

足回りではこれも修正が必要です。

 

今後、塗装の分スキマが埋まるから、

 

なんていうレベルじゃない。

 

 

前作BBのタイヤ/ホイールは、

 

決死の覚悟でハメなきゃならないほど

 

キツかったのに。

 

両者のあまりの差に頭が

 

クラクラします (^^;)

 

 

ではイジリ始めましょう。考えたり迷ったりの必要のない、スジ彫りから手を付けます。

 

左の写真は前後カウルの分割線のみ彫った所。いつものように0.2ミリのBMCタガネです。ドアの周囲のスジ、アチコチに曲がり角があって、

  

面倒ですねぇ、コツコツと彫って、右写真の状態に。柔らかいのでサクサク彫れます。リベットの凹モールドも少し深めておきました。


 

 

フェンダーはやはり見過ごせないので、削り込んで

 

自然に見えるように加工します。

 

 

これまたぐんぐん削れます。強引に押しつけてもルーターの

 

トルクが負けるコトなく、いくらでも刃先が食い込んでいく

 

感じ。

 

まあ、その代わりに粉の飛び散りはスゴイですな (^^;)

 

右のような「カベ」状態から、

 

左のように削って行きます。

 

 

いくら柔らかくて削りやすくても、

 

これを4か所やるのはなかなか大変。

 

作業後の粉の掃除も面倒でしたよぉ。

 

こんな風に見えるようになったので、そこそこ自然になったんじゃないかと思います。


 

 

タイヤを組み込んでみると

 

こんな見え方。十分ですね。

 

 

後ろからも同様、いい感じに

 

なりました。

 

 

 

 

 

考えなくてもいい作業は終わり。次はガラスのフィッティング? 灯火類? エッチング? なんぼでもやるコトあります。

 

プライマー塗布はまだまだ先ですねぇ。。。

 

 

 

             まだです。                 まだです。