文中の緑色の文字は、「愛用道具紹介」に、画像&紹介記事があります。〈 〉は記事NO.

TS050 HYBRID 製作記 ①組み立て説明書通りに。

 

26回目の製作記は、2018年の ルマン24Hで優勝したこれです。こないだまで作ってたR380 が1966年の車なので、52年隔たってます (^^;)

 

 

 

 

日本のメーカーの車として初めて マツダ787B が優勝したのが

 

1991年ですから、27年ぶりの快挙♪

 

昔787Bを作ってるので、これも作って並べなきゃって

 

思ったんですが、翌2019年もきっちり連覇!

 

ルマン優勝の日本車は全部作る、って決めてましたが、

 

あえなく取り消し。これを作って 787B と並べられたら

 

良しとします。。。

 

 

 

 

青枠内に書いてある、塗り分けのケガキ線。

 

削り取っちゃおうか残そうか迷ってました。

 

で、塗装の足付けのため、外板パーツを1000番で

 

少し研磨したら、あっという間に消えてく!

 

 

最後に磨く時の障害にもなりそうだし、

 

全部落とすコトに決定。

 

 

詳細&正確な組み立て説明書があるし、実車の

 

ディテールを撮影した膨大な画像もいただいて

 

あるし、なんとかなるでしょ(実は不安)。

 

今作は「余計なコトは何もせず、とにかく組説のとおりに作る」がテーマです。

 

*最新のタミヤのキットの精緻さに おんぶにだっこ、でいいじゃないか。

 

*この種の車についての知識に全く自信がないので、ディテールアップの勘所が分からない。ならば潔くストレートで。

 

*11月の名古屋のオー集になんとか間に合わせたい。2か月ちょっと。遅い私には素組みでもかなりの難関。

 

といった感じの理由です。ふだん、何かと改造を加えてるので、今回は逆に完全ストレートにこだわってみましょう。。。

 

 

製作序盤はひたすらマスキングの

 

連続になります。

 

ベースの白を早く塗ってしまい、

 

テープを貼る前にっかり乾燥

 

させたい。

 

 

R380のクリア乾燥の合間に

 

これらのパーツを、

 

指示通りピュアホワイトで

 

塗装しときました。

 

 

塗り分けラインが複雑な部分・曲面 など、マスキングが

 

難しいところ用には付属のシートがあって、

 

単純なところはテープを貼るようにという指示です。

 

 

ありがたいんですが、カットはされてなくて、

 

ナイフで切り出しなんですね。

 

急ぐ身としては切っておいて欲しかったなぁ。

 

 

と、文句を言いつつ、最初のマスキング。

 

 

なるほど、付属のシートを貼る場所は、

 

テープで自力でやれば手間がかかりそう。

 

よく考えてありますわ!

 

ということは、マスキングがやっかいな

 

場所がこれだけあるって

 

コトなのね (^^;)

最初の塗り分け完了。

 

組説通り=考えない、ってコト

 

なので、どんどん手を動かし

 

ましょう。

 

 

一つのパーツにグロスの黒と

 

セミグロスとを塗る場合も

 

とりあえずグロスで。

 

だって、デカール貼ってクリア

 

吹いて、って続くんだもん。

 

 

セミグロスの所は最後に半ツヤの

 

クリアを吹くようにします。

 

塗り分けのケガキ線を研磨しちゃったのは失敗でした。

 

このように複数のパネルに連続するカラーリングの部分のマスキングが

 

めんどくさくなってしまうんです。

 

 

これから作る方はケガキ線残されるコトをお奨めします。

 

この辺の、完成後は見えなさそうな所の塗り分けや

 

デカールもちゃんと指示を守ります。

 

色も全て指定色を塗りますよ。

 

意地でもストレート!

 

 

まだ緒に就いたばかり、ってトコですが、とりあえずほとんどのパーツを白と黒に塗り分けたので、デカール貼りに移ります。

 

既に作られた方によると、複数パネルに渡るデカールが多くて、それを貼るのが手間だとのコトです。どれどれ。。。 

 

 

 

 

実車のこの部分、

 

 

これだけまとめて1枚のデカール。

 

位置関係が定まっててラクな気がしますが、

 

 

 

3つのパーツにまたがるので、

 

結局バラバラに貼るコトになります。

 

 

ここの赤いデカールも、

 

前後2つのパーツに渡るので、

 

パーツを仮止めしておいて、

 

 

パーツの切れ目にしっかり馴染ませて、

 

 

カットして、

 

 

やっと完了。

 

切る時に相当気を使うし、

 

このようにバラしてから、改めて圧着し直す

 

必要もあります。

 

 

ううぅ、確かにめんどくさい。。。

 

 

このデカールなんて4分割!

 

 

まずはウィングに貼り付けて、

 

他のパーツにまたがる所は

 

遊ばせておきます。

 

 

次にリヤカウルにウィングをセットして

 

下の部分を貼って、

 

 

パーツの分割ラインに沿って切り取って、

 

 

アンテナ群のパーツと、モノコックのパーツに

 

貼り付けます。

 

4つのパーツにまたがりました。

 

 

「HY」の外枠の白い四角が①②③に

 

渡るんですよ。

 

 

ううううぅ、めんどくさい。

 

アンテナのパーツにまたがるのに気づいて

 

なかったので、まだ未塗装。

 

塗ってないパーツに先にデカールを貼る

 

・・・初体験です (^^;)

 

 

「デカール、硬くて貼りにくいよぉ。」って

 

情報もいただいてたんでした。

 

確かに硬いです。ここ、破りました (T_T)

 

 

軟化剤が全く効かないワケではないけど、

 

しんなり とはなってくれません。

 

お湯ティッシュで押さえても素直には言うこと

 

聞いてくれません。

 

R380の素直なデカールが懐かしい。。。

 

 

どんどん貼っていきますが、

 

貼り忘れがないように、

 

マーキング図にチェックを入れてく

 

コトにしました。

 

 

ちなみに△印はカットして一部だけ

 

貼り終わったって印です。

 

 

とにかく全部貼っちゃってクリア吹かないコトにはどうしようもない。まだ先は長いです。。。

 

でも、白黒のパンダみたいだったのが、どんどんカッコよくなっていくので、張り合いはありますね♪

 

 

きょうはここまで。明日からデカール貼り再開します。

 

 

            まだです。                  まだです。