文中の緑色の文字は、「愛用道具紹介」に、画像&紹介記事があります。〈 〉は記事NO.

コフェアレディ 300ZX 製作記 ②イエローパール。

製作記①でZ32の黄色の色味の勘違いについて

 

書きましたが、今作はクリーム色がかった黄色で

 

しかもパール。色名はイエローパールです。

 

でも、やっぱり真っ黄色の記憶も否定しきれないので

 

調べてみたら、

 

 

 

 

 

 

マイナーチェンジ・ボディカラー追加で、最終型には「ライトニングイエロー」っていう名前の彩度の高い黄色があったんですね。

 

最新のRZ34には「イカズチイエロー」っていう色名がありますが、32とカミナリつながりの命名なのかな、って思いました。

 

というワケで、怪しさ急加速中の私の記憶も、合ってるコトもあるのが分かってちょっと嬉しかった。。。

 

閑話休題。。。ボディカラーの調色と同時進行で

 

外装パーツの合わせを進めます。

 

これをやっちゃわないと色塗れませんからね。

 

 

 

 

 

リヤサイドのリフレクターはボディの

 

モールドをくり抜いて穴が開いてる状態

 

なので、ジャンクのクリアパーツを整形

 

してハマるように自作します。

 

台形に削って外ハメ。

 

 

 

 

 

ハメてみては削って、を繰り返して

 

面一に。

 

 

 

 

 

外装、一つ解決です。

 

 

 

 

 

太径マフラーに替えたので、バンパー下部に

 

逃がし加工しときます。

 

 

 

 

 

 

そのままでも当たりませんが、この方がカッコいい

 

かなって。。。

 

 

 

 

 

バンパー内蔵のフォグ・ウィンカー。

 

窪みにちゃんとフィットするのを確認。

 

良好です。

 

 

 

 

 

ドアミラーは三角部分を少し削るだけで

 

きっちり合いました。

 

 

 

 

 

が、すごいバリが。

 

それと、可倒部分の切れ目のスジがスッキリ

 

してないので整えます。

 

 

 

 

 

右、彫り増し後です。

 

シャキっとしたでしょ。

 

 

 

 

 

下側はスジが消滅してます。

 

同じく右のようにスジ彫り追加。

 

 

 

 

 

この方向も右のように見えるように。

 

 

 

 

 

鏡のパーツはこれなので、使わずにプラ板で

 

映る鏡を作ります。

 

 

 

 

 

 

 

作った鏡の接着を簡単にするために、

 

内部を埋めときましょう。

 

 

 

 

 

硬化後に取り外しやすいように先を曲げた

 

真鍮線を仕込んでおいて、パカっと。

 

 

 

 

 

 

 

真鍮線を引っこ抜いて、

 

 

 

 

 

鏡の厚み分引っ込むようにパテを削ります。

 

 

 

 

 

さて、調色の試行錯誤ですが、ブログ【 553 】

 

右下のプラ板の色で決定って書きました。

 

満を持して塗装しましょう。

 

 

 

 

 

 

この写真で伝わるかどうか全く自信ありませんが、スプーンに比べて、ボディの方が青味がかって見えます。もちろん微妙な差なんですが。

 

隠ぺい力最弱な黄色なので、白サフの上とアイボリーのスプーンの上では色味が変わってしまうみたい。

 

また、たっぷりパールホワイトが入ってるのにパールの粒子がほぼ見えない。。。

 

上からパールクリアを掛けてやれば改善するかなぁ。でも、クリーム色方向に振りたかった色味なのに、青っぽさを感じるのはイヤだなぁ。

 

とか考えてるうちに、黒点発見。4年前に黄色いスーパーカーを連作した時に散々苦労したヤツです。

 

いやあ、久しぶりにこんにちはです。会いたくなかった。。。(フェンダーの方の点はウィンカー場所目印の穴です)

黒点が塗り直しを決心させてくれました。

 

溶きパテを使いまくってるので、シンナー風呂は

 

ダメ。1000番で削りまくります。

 

泣ける作業ですが、微細なキズまで綺麗に消えるぜ、

 

って、無理やり納得しながらゴシゴシ。。。

 

削りカスは黄な粉みたいでおいしそうよ ^^;

 

 

 

 

 

塗料でスジが浅くなってるので全部彫り直して、

 

下地のグレーやらベージュやらでマダラになった

 

ボディに再度白サフ。さらにスプーンと同じ発色

 

になるようにレーシングホワイトを吹いて、

 

2回目の下地を仕上げました。

 

 

 

 

 

 

色を作り直します。今度はパールホワイトは使わずに調色。タミヤのレーシングホワイトに、ピュアイエローを少しずつ足していって、

 

「クリーム色、クリーム色」って呪文を唱えながら調色しました。

 

 

光の当たり方で違って見えて難しいですが、

 

今度は思った色味になったかな♪

 

パールクリアを上掛けするので、それで少し

 

白っぽくなるのを見込んでます。

 

試行錯誤のスプーン達と記念撮影。。。

 

 

 

 

 

 

で、最後にパールクリアを吹いて塗装完了。下の写真はその後に一層クリアコートした所です。これでボディは一段落ですけど、まだクリアを

 

吹き重ねるので、黒点の恐怖はつきまといます。付かないでほしいです、心から。色味はふんわり優しめの黄色が表現できたかな。

ドアミラーはプラ板にミラーフィニッシュで。

 

三角の部分は黒で塗り分けです。

 

 

 

 

 

 

正月休みが終わってからロクにプラモできなかったけど、この土日はけっこう時間が取れて欲求不満解消できました。

 

ちょっとだけ明日からの仕事への活力湧いてきました。ちょっとだけど。。。

 

追記します。 

                        まだです。          まだです。