文中の緑色の文字は、「愛用道具紹介」に、画像&紹介記事があります。〈 〉は記事NO.

Alfa Romeo Giulia Sprinto GTA 製作記 ③トリコローレ

 

 

オートモデラーの集い in 名古屋 をはさんで、

 

ずいぶん間が開いてしまいましたが、製作記を再開

 

しましょう。

 

 

 

②でここまでいってたドアの内張から。

つや消しの黒を吹いといて、

 

いつもの平リベットを刺します。

 

 

 

縦横に走るクロームのモールは

 

フィニッシュ〈13〉の細切りで表現。

 

 

 

ミラーフィニッシュでは光りすぎると

 

思うのでジュラルミンフィニッシュ。

 

マットブラックとかの背景だと、

 

ちょうどいいクローム感になりますよ。

 

 

 

モールドの上に軽く貼り付けたら、

 

とんがり綿棒で馴染ませます。

 

 

 

モールドの丸みに追従して、

 

簡単にそれらしくなります。

 

 

 

 

 

  完了。

 

 

 

グロスの黒 → クリア としっかり吹きました。

 

 

小さいうえに壊れやすいので磨けません。

 

 

吹きっぱなしでもツヤが出るように、気をつけて塗装を重ねました。

 

 

最後にタクミ〈19〉でメッキ塗装です。

 

 

実車資料を見ると、

 

ドアグリップは両サイドが

 

金属でカバーされてて、

 

握る部分はツヤのある

 

皮革っぽい素材なので、

 

グロスの黒のまんまに。

 

 

 

本当はセミグロスぐらいなん

 

でしょうが、見えにくい室内

 

なのでコントラストは

 

大げさにね (^_^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤の塗装を終えて、

 

マスキングを

 

はがしました。

 

 

ここらで、ちょっとやる気を加速させるために、大好きなデカール貼りをやりましょう♪

 

 

有名なクアドリフォリオのステッカーと、

 

小さい方は AUTODELTA のステッカー。

 

 

こんな並びで貼ってる実車画像をネットで

 

見つけて、かっこいいのでマネします。

 

 

S.HEMMI さん、箱に入ってた、

 

AUTODELTAのデカールもありがたく使わせて

 

いただきました。

 

 

塗り分けライン、ギザギザだあ。

 

そっとサンディング & 必要ならタッチアップ

 

もして、スッキリ直線に直します。

 

 

 

ちなみにマネした実車画像は、かの有名なオークションの「サザビー」のサイトで見つけたモノです。

 

オークションですから、いつまで写真が載っているかは不明ですが(上のリンクがいつまで役に立つかも不明ってことですね)、細部に至るまで

 

画像をたくさん載せてて、とても参考になりました。①で作った前後の牽引フックもこの実車のマネです。

 

完成するまで写真残っててほしいなぁ。画像コピーできない設定になってるんですよね。さすが(なのか?)サザビー。

 

それから、AUTODELTA (日本語読みはアウトデルタ)はアルファロメオのワークスレーシングチーム名なんですって。ネットでにわか勉強 (^^;)

 

 

 

 

 

こちらのデカールは、貼る か やめようか ずっと迷ってたんですが、

 

ボディ前部の白と相性がよさそうなので、貼ることに決めました。

 

 

 

段差消すの大変そう。。。

 

 

 

ジャンクデカールから、赤と緑の1ミリ幅の細切りを切り出します。

 

 

 

同じ1ミリ幅のマスキングテープを貼って、

 

 

 

そのテープをガイドにして、細切りデカールをこういう配置で貼ります。

 

 

 

今作のお遊びはイタリア国旗カラーのアクセント。

 

 

この3色をボディのどこかにあしらった実車画像はいくつか

 

ありましたが、この配置そのものはオリジナルです。

 

作り始めた頃に思いついて、早くやりたくて仕方なかった!

 

 

またまた にわか勉強。フランスの三色旗はトリコロールって

 

言いますよね。

 

イタリアのこれはトリコローレって言うんですって。

 

 

 

というワケで、デカール完了。ギザギザだった塗り分けラインもスッキリ修正できました。

 

今後、クリア・乾燥・研磨の繰り返しです。2巡ぐらいでいけるかな?

毎度の手順ですが、ボディの

 

乾燥待ちが何回も続く、

 

この期間にいろいろ作ります。

 

 

 

まずはベースへのシャーシの

 

固定。

 

固定の細工はワンパターンで、

 

毎回紹介するのもくどいので、

 

最近省略ばかりですね。

 

一番詳しく紹介してるのは

 

このページです。

 

 

      エンジンはコブラやコルベットと同じように、車の奥にテーブルを置いてディスプレーします。一番最後に製作予定。

 

                                            (上の写真、カメラの故障症状出てますね。ブログ【271】

 

 

 

 

ホイールはフラットアルミの塗装指示ですが、

 

ちょこっと光沢も欲しい気がしたので、

 

シルバーリーフ & クリアコートで。

 

 

 

クリアかけると金属粒子感が弱まって、

 

やや落ち着いた色調・光沢になってくれます。

 

 

 

エアバルブ追加しました。

 

 

 

 

センターキャップは、ありがたいことに別パーツ。

 

 

デカール貼って、保護のためにジェルクリア〈27〉でコートしました。

 

 

ボディに戻って・・・

 

 

 

1回目の研磨で思いの外デカール段差消えた♪

 

 

 

 

これなら次のクリアで最終にできるかも。

 

 

                     今日はここまで。  ダッシュボード、鋭意工作中。。。

                        まだです。            まだです。