文中の緑色の文字は、「愛用道具紹介」に、画像&紹介記事があります。〈 〉は記事NO.

ダイハツ ミゼット 製作記 ②どんどん塗りましょ♪

 

いつものようにネットで実車の画像を探して資料にしてます。

 

模型の資料にするには、各部のアップの画像が欲しいんですが、車全体の姿のモノに比べたら

 

少ないのが常ですよね。

 

で、内装の画像を探しているうちに、衰える一方の我が記憶力がひさしぶりにグッジョブ♪

 

「確か、手持ち雑誌にミゼット載ってたんじゃ?」って。引っ張り出してきたら載ってた (^-^)

 

 

 

 

 

 

いつの8月号かというと、2006年!

 

HPを始める6年も前です。

 

オトナプラモを始めてしばらく経った頃で、歴代スカイラインを

 

全部作ろうってがんばってた時に資料用に買ったと思います。

 

 

 

 

 

キットでは完全スルーの、ドア内張りがどんな

 

感じなのか知りたかったんですが、答えは

 

「内張りなし」。キットが正しかった ^^;

 

でも、この本を思い出したおかげで、インナー

 

ドアハンドルの形状が判明。

 

また、窓は上げ下げできなくて、開けたければ

 

べろーんと下に垂れさげさせるってのも

 

分かりました。

 

すごい割り切りですねぇ、おもしろい。

 

ダッシュボードに付くグリップも鉄パイプ感

 

丸出し、とことん実用車仕様なんですね。

 

サイド出しのマフラーだと信じ込んでいたのは給油口だって

 

ことも分かりました。

 

知らないままだったら、パーツにピンバイスで穴開けてたかも。。。

 

恥かかなくてよかった。

 

 

 

 

 

 

というワケで、ドアの開口部のスジ彫りだけ加えときましょ。

 

インナードアハンドルは外側と同じように作ります。

 

 

 

 

 

 

今作のモデルの実車があるんですが、ホワイトリボンのタイヤを付けてます。

 

いつかはやらなくちゃって思ってた塗装ですが、その機会が巡ってきましたなぁ。

 

白くしたい部分を残してマスキング。

 

 

ここまでやってから、プライマー吹かないとはがれるだろうなぁ、って考えてたら一つ思いつきました。我が脳細胞、なかなか働くじゃないか♪

 

タイヤマークを貼る時と同様、先にホイールをハメとこうって思いついたんです。

 

ゴムのタイヤをホイールにハメる時にタイヤが変形するので、そのせいでマークがひび割れないように先にハメとくでしょ。

 

塗装でも同じコトですよね。ホイールをマスキングする手間は増えますが、肝心のホワイト塗装保持のためですもんね。

 

塗料の食いつきの良さ & 隠ぺい力の強さ を考えて白サフです。

 

タイヤへのマスキングは予想通り難しくて、境い目はきれいには

 

できませんでした。

 

 

 

 

 

 

きちゃない。。。

 

 

 

 

 

 

はみ出しはシンナーを含ませた綿棒で拭き取って

 

不足部分は筆塗りでタッチアップしてここまで直りました。

 

イヤになってきたのでいったん放置。日を置いて新鮮な気持ちで

 

もう1回直そうと思います。

 

 

ミゼットはデフォルトでは黄色ホイールに黒タイヤのようですが、

 

今作は黒ホイールにホワイトリボンタイヤ。

 

なのでホイールはメタリックブラックで塗りました。

 

 

 

 

 

 

ハンドルのスポークは、太くて水平な形状の部品ですが、

 

実車は「八」の字の形状で、とても細い華奢な印象のスポークです。

 

忠実再現にはこだわりませんが、削って形を近づけとこうと思います。

 

右の状態からナイフで削いでいって左ぐらいまで。

 

 

 

 

 

 

厚みも同じく削ります。

 

左が元の状態で、右が薄く削ったところ。

 

 

 

 

 

 

その後、削った所を整えて、こうなりました。

 

実車ほど「八」の字下がりじゃないですけど、

 

華奢な雰囲気は出たでしょ。

 

 

ルームミラー、シフトレバー、サイドブレーキ

 

などの部品もかなりゴツくて雑だったので

 

削ったり、アルミ線で置き換えたり、など

 

一通りいつものような手順ですっきりさせます。

せっかく雑誌で見つけたので、インナードアハンドルも

 

ちゃんと作ります。

 

「把手」はプラ棒を削って作ったんですが、

 

「土台」は何の流用かお分かり? 

 

実はジャンクのバッテリーのパーツを半分に切った

 

モノです、うふふ。

 

把手が刺さってるのがバッテリー端子で、

 

下の3連モールドはバッテリー液の補充口のモールド。

 

それっぽく見えるでしょ?

 

自作のスモールライト、ワイパーのブレード部分も

 

塗装完了です。

 

 

 

これまた雑誌のおかげで給油口だと

 

判明したパーツは、先端に丸く抜いたプラ板を

 

くっつけて、形を「らしく」しました。

 

 

で、本当のマフラーのパーツの方は、先っぽに

 

真鍮パイプをつけてマフラーっぽく加工です。

 

 

どちらもシルバーリーフのスプレー吹き、

 

どうせ煤汚ししちゃうので、なんとなく銀色、

 

程度でいいかなと。。。

 

ボディの塗装に移ります。

 

ミゼットと言えば、いかにもペンキですみたいな質感の、うぐいす色のカラーが印象強いです。↑ の ノスタルジックヒーローの掲載車も

 

その色ですね。2週間ほど前、対向車線をこの色のミゼットが走ってくるのに遭遇しました。すれ違いざまでしたけど、めちゃくちゃ綺麗に

 

レストアされてて、新車みたいだった! 一人だったらUターンして、停まるまでついて行って写真撮らせてもらう所ですが、老母を隣に乗せてた

 

のでやめときました。その旨、母に言うと「私が乗っててもかまわないから、追いかけたらよかったのに」ですと。。。

 

 

さて、我がミゼットの方は、

 

モデルの実車に合わせて、

 

ツートンです。

 

キャビンが白なんですが、

 

旧車らしい風情になるように

 

LP-39:レーシングホワイト

 

に少しフラットベースを加えて

 

吹きました。

 

このアイボリーっぽい白、

 

旧車に似合います♪

 

 

 

 

 

塗り分けのマスキングは、最初に境い目に0・4ミリの極細のテープを

 

貼ります。この細さのテープだと、かなり曲げて貼ることが

 

できるので。

 

一番シビアな「境い目」ができたら、少し太いテープでマスキングの

 

2周め。今回は1ミリのテープです。

 

そのあとはどんどん隠していくだけ。

 

せっかく綺麗に吹けたアイボリーをよごさないように、

 

内側からもマスクしときました。

 

 

 

 

 

塗り分け完了。

 

 

塗色はAS-19:インターミディエイトブルーのスプレー塗料をビンに出して、レーシングホワイトを少し加えたモノです。

 

実物の色目がよく分かるような鮮明な資料がなかなかないんですが、こんな感じの色のようです。実物に近いかどうかは不明ですが、

 

自分の意図した色合いにはなりました。旧車らしい雰囲気の色ではありますよね(^-^)

 

ブログ【448】【450】でも触れましたが、今作は「使い込まれた感」のある車にするため、不慣れなウェザリングを施します。

 

ボディは大げさにならない程度にサビをつけて、全体を薄汚れた感じにします。

 

シャーシの方は土汚れ。まずは失敗してもごまかしやすそうなシャーシからいきましょ。

 

これを使って、

 

 

 

 

 

まずはタイヤに土を付けていきます。

 

一番外側の下半分に「マッド」を付けてみたところです。

 

すぐれモノですねぇ、土汚れにしか見えません♪

 

よし、とばかりにタイヤ・ホイール・シャーシをせっせと汚します。

 

 

 

 

 

 

 

あ~楽しかった♪

 

ホワイトリボンの塗装の

 

仕上がりがイマイチなのも、

 

ペーパーを強く当てすぎて、

 

トレッド面が一部

 

溶けちゃってるのも

 

一気にごまかせたし。

 

 

 

 

 

 

燃料タンクは土じゃなくて、煤&サビ、って感じで。

 

 

 

 

 

 

シャーシに続いて室内の汚しを。

 

錆びさせる所をデザインナイフで適当に

 

傷つけます。塗料だけを剥ぐ感じです。

 

 

 

 

 

 

で、傷つけた所に今回購入したコレのオレンジを塗りこみます。

 

 

 

 

 

 

こんな感じになるので、

 

 

 

 

 

 

綿棒で拭き取って、凹みの中のオレンジだけ

 

残す感じに。

 

ここに黒を塗りこんで再度拭き取ります。

 

 

 

 

 

 

室内のサビなので、あまり赤味を強調せずに

 

黒ずんだ感じにしてみました。

 

最後に全体にウェザリングマスターの土埃を

 

付けて薄汚れ感を加えます。

 

シート座面も同時に汚しました。

 

助手席のグリップはアルミ線で自作、

 

シフトゲートはプラ板に溝を切り込んだモノです。

 

 

 

 

 

 

サビが多過ぎましたねぇ。

 

少ないとウェザリングに見えずに、

 

ただの塗装ミス・瑕疵に見えちゃわないか

 

心配だったので、ついついやりすぎました ^^;

 

 

 

 

 

 

 

ステアリングのボス部分は、実車では深緑色にシルバーの midget の文字なんですが、

 

入ってたデカールの緑は明るすぎたので、

 

 

 

 

 

 

丸く抜いたプラ板を深緑色に塗っておいて

 

銀色の文字をジャンクデカールから探してきて

 

貼りました(なんと Fairlady の文字の一部)。

 

デカールの上からジェルクリアでカバーしてあります。

 

 

ステアリングを接着する時に失敗して、左に傾いた

 

状態でくっついてしまったので、

 

 

 

 

 

 

 

前輪を左に曲げときます。。。

 

お恥ずかしい。。。

 

どうも、塗装の厚みのせいで、ステアリングホイールの取り付け

 

穴がきつくなってしまったようです。

 

正位置に直そうとすると、細く削りこんだスポークが折れる気配が

 

ヒシヒシだったのでこうなっちゃいました。。。

 

 

 

 

 

 

ウェザリングマスターで塗装した部分は

 

強く触ると取れちゃうので、触らずに

 

この先の作業をできるようにベースに

 

ネジ留めしときましょ。

 

手元にあったミニカーのベースを流用。

 

100均の木目シートを貼りました。

 

 

 

 

 

 

マフラー、ナンバープレート、給油口も

 

付けましたよ。

 

 

 

 

 

 

あとはボディです。

 

まずはフロントガラスを。

 

一番淡色の砂ぼこりをブラシでとんとんと

 

置くようにふりかけといて、

 

 

 

 

 

 

綿棒をコンパスみたいに動かして拭き取り跡を

 

表現します。

 

何回かやり直す覚悟でしたが、一回目でうまく

 

拭きムラができました♪

 

 

 

 

 

 

うふふ。

 

 

 

 

 

 

ラリー車なんかでこういう表現をされてるのを

 

展示会で見るたびに、やってみたいと

 

思ってたんです。

 

初めてにしてはうまくできたかな♪

 

 

 

 

 

 

残すはボディ本体の汚し表現。ウォッシングのやり方も教わったんですが、ウェザリングマスターが簡単でやりやすいので、どちらでいこうか

 

考えてます。久しぶりにずっと手が動いてるので、このまま止まらずに完成まで行きたいですねぇ。

 

そうそう、ブログ【450】に元実車オーナーさんからドア内張りについての情報をいただいたので、それも作らないとね (^-^)

 

 

車の完成までこのページに追記しま~す (^-^)

 

                        まだです。          まだです。